Archive

July 2020

Browsing

日本では数十年にわたり、ギャンブル業界が多くの浮き沈みを経験してきました。ギャンブルは日本の伝統的な娯楽ではありますが、ギャンブル中毒となるリスクを回避するために一定の制限が設けられています。日本のギャンブルに関する法律は常にかなり不安定なものであり、従わなければならない厳しい規制が今日でもいくつか存在します。「スキルベース」のゲームには合法化されているものもありますが、「運ベース」のゲームは禁止されています。

日本にはリアルマネーでギャンブルできるカジノはありません。その代わり、日本には2万を超えるギャンブルホールがあり楽しみながら多くの賞品を手にすることができます。日本におけるカジノの合法化については、様々な議論が行われています。カジノ法は、現在禁止されているカジノ施設を選ばれた地域で合法化することを目的としています。パチンコやスポーツくじが合法であり、どこでもこのような賭けができる国に置いてなぜギャンブルが違法であるのかは理解の難しいものです。
日本のギャンブル法が混乱を招きやすいのは、この法律が20世紀のギャンブルに関するものであるためです。当時は競馬と競輪のみが合法とされていました。その後競艇とオートレースも追加され、4つの公営スポーツ賭博法が制定されました。このようなスポーツが合法化された目的は、より多くの聴衆を惹きつけてゲームへの興味を高める事にありました。

日本のギャンブルの法的背景

賭博は違法であり、日本において刑法第185条により禁止されています。第185条はまたイベントにおける賭けに対する処罰の詳細についても触れています。運により結果が定められるゲームはすべて、賭博関連法への違反となります。現在の日本の規制に従うと、ゲームのすべての側面が運のゲームでなくてもギャンブルと見なされます。つまり、ゲームの中に運により左右される部分がある場合にはそのゲームは賭博であると見なされ違法になります。日本の領土でギャンブルハウスを運営する行為はすべて犯罪と見なされます。

ギャンブル

競輪、オートレース、競馬、競艇という特別法により合法化された4つのスポーツは、地方自治体や企業により運営されています。近年になり公共の宝くじやサッカーくじも、合法な賭博と見なされるようになりました。このような活動を運営する場合、政府機関発行の最新免許の所持が必要となります。

日本では公的スポーツ、サッカーくじ、宝くじ、e-パチンコのオンライン賭博も許可されていますが、これらは現在国内で合法化されている唯一の賭け活動となります。日本にてギャンブルを楽しむための唯一の方法です。オンラインカジノゲームを提供する海外のギャンブルサイトも違法であり、日本では禁止されています。